タイヤの使用期間編

車を運転する皆さんは消耗品には出来る限りお金を掛けたくないと思っていると思います。交換頻度が多い消耗品は何が思いつくでしょうか。エンジンオイルは比較的思い出すと思いますが、エンジンオイルエレメントは余り交換しないのではないでしょうか。
ガソリンスタンドで、ボンネット開けてくださいって言われる事は多いですよね。そこで言われるのが、バッテリーが電圧が下がっていて交換時期です、ワイパーが切れています、エンジンオイルが真っ黒ですよ。ほとんどがこの3点。しかしタイヤに関しては自動車屋さんでも余程でない限り言いません。もしかしたら自動車販売ディーラーでの点検に出したら言われるでしょう。その位タイヤに関しては自分で管理しない限り言われません。安い物ではないからです。タイヤの使用期間は様々です。走行距離が多い人は当然タイヤの溝が無くなり車検を通らなくなるので否応無く交換になります。しかし車を購入してから4年以上の走行距離が少ない方はほとんど気にしない方が多くみられます。タイヤの横を見てみてください。ひび割れが多くある場合交換時期です。
タイヤは走る、曲がる、止まるの3つの働きを担ってるパーツです。もし交換に4本で4万円の出費だとしても安全に止まれるなら安いものです。追突事故を起こしてしまったら、とんでもない額になるからです。車を運転するならばタイヤにも気を使ってみてください。新しいタイヤは乗り心地も良く、思ったように曲がります。勿論急ブレーキが必用なときはタイヤが頑張ってくれます。さあ、あなたも安全なカーライフを送ってみませんか。

Comments are closed.