車両の発電容量と消費電力の関係について

車にはエンジン始動したり、エアコンをつけたり、ランプなどの照明を点けたりする為にバッテリーや発電機が搭載されています。
現代社会でよく使われている車は内燃機関だけでなく、各部をコンピューター制御することが多くなっているので、ますます電気が欠かせなくなっています。
車両の発電容量は車の規模で変わってきます。
軽自動車は小型車や中型車に比べて低めであり、大型車やワンボックス車は小型車や中型車に比べて高めに設定されています。
車の装備品が使う消費電力を比較すると、エアコンが最も電力を消費します。
夏場においてエアコンは快適に車を走行させる上で欠かせない物ですが、電力の消費が大きい為、特に発電の容量の少ない軽自動車はヘッドライトなどの照明にLEDを利用したり、カーステレオの音量を下げるなどの工夫をしておくと、バッテリーの減りを抑えることが出来ます。
エアコンの次に電力の消費が高いのがリアデフォッガーです。
リアデフォッガーは電熱線でガラスの結露や凍結を取り除く装置である為、電熱線を熱するのに電力が必要になります。
悪天候の中を安全に車を走行させる上で、リアデフォッガーは不可欠な物である為、電力消費を抑えるのに取り外すことは出来ません。
他の機器の消費電力を確認して、車のバッテリーや発電機の容量に合ったオプションを選択するようにするべきです。

Comments are closed.