走行中・駐車時の違和感編

車の部品の中でも最も故障しやすく、今までに故障の経験が多いのがタイヤです。タイヤは路面を走るので分厚く作られており、釘等を踏んでも刺さらなければパンクする事はありません。このタイヤは一生付け替えなくてもいいという訳ではなく、しっかりと寿命が設定されています。この寿命に近づけば近づく程にブレーキが効きづらくなったり、加速しても上手く付いていかないという事に繋がります。これは危険回避をする時の動作が遅れてしまう原因になるので、寿命に近づけばすぐに好感する事が大切です。パンクやそれに近いものがタイヤに生じた時には、その車を運転している最中であれば異変に気づく事が出来ます。走行中にパンクをすれば、どうしても違和感が生じます。空中に浮いている様な感覚になったり、重心が片方にかかったりして何かしらの違和感を感じます。そういった時は直ぐに路肩に駐車して、タイヤの点検をする事が大切です。違和感がある場合には必ずどこかに異変が生じているという事であるので、流して運転してしまえば思わぬ事故を引き起こしてしまう危険性があります。停車時においてもこういた違和感を感じる事が出来るので、違和感を感じた場合には点検してから発進する事が大切です。

Comments are closed.