知っておいて損はない!タイヤトラブルを予防する5つのチェックポイント

自動車は非常に高度に発達した乗り物です。常に時代の最先端テクノロジーが搭載され、時代とともにその安全性も向上してきました。しかし、最も大切なトラブル防止はタイヤに関することであることは意外と知られていません。

当然自動車はタイヤがなければ走行できません。また、タイヤが全てのパーツを支えているとも言えます。つまり、タイヤのトラブルは、即重大事項に繋がるリスクを含んでいると言えるのです。

タイヤトラブルを予防する5つのチェックポイントを認識し、実践することを心がけましょう。

1つ目のポイントは空気圧です。自転車などでも同様ですが適切な空気圧が保たれていなければ、走行性能はもちろんのこと、安定性も非常に悪くなり事故の危険性が高くなります。GSなどで無料で調整していただけますので空気圧はこまめにチェックしましょう。

2つ目は編摩耗です。上記の空気圧と深く関係しますが、偏ったタイヤの摩耗は安全性だけではなく経済性にもマイナスの効果を及ぼします。

3つ目は外傷です。何かの破片を拾った時などにタイヤに傷がつくことがあります。これを放置しておくと急なバーストに見舞われるリスクが高くなり非常に危険です。

4つ目は溝の確認です。溝が浅くなると性能が極端に低下するだけでなく、雨の日のスリップの原因になります。

5つ目はホイールナットの緩みです。新品で購入しても時間経過とともに緩んでくるケースがあります。脱輪などの危険性が高くなります。

GSや専門店などでチェックしてもらえますが、自分の目で普段から確認する習慣が大切です。

Comments are closed.