残り溝・傷・偏摩耗チェック編

自動車の走行を支える部品としてのタイヤは、適性使用・適性管理によって初めて機能が発揮できます。一方不適正な場合はタイヤ自身の機能が低下する他、種々の損傷を起こす原因にもなります。そのため必ず日常点検・整備を行いたいものです。注目すべき点はいくつかありますので、順に見ていきます。

(1)まず空気圧チェックが必要です。空気圧は徐々に自然低下するからです。(2)次に残り溝1.6ミリ未満のタイヤは使用できません。「道路運送車両の保安基準」によれば滑り止めの要件が残り1.6ミリと規定されるからです。基準未満は整備不良とみなされます。(3)金属片やガラスなどで傷を受けたタイヤは走行中に破裂しやすいです。溝に異物がかみ込んでいないかを確認、何かあれば適切に取り除くことが必要です。(4)タイヤが偏って摩耗する、すなわち偏摩耗は、異常振動・タイヤ音増大・タイヤ寿命低下などのお現象を起こします。タイヤは駆動輪・遊輪・操舵輪等装着位置によって受ける力が異なりますので、偏りのある摩耗の兆候が見えたら位置交換しましょう。(5)そしてホイールバランスの調整です。このバランスが狂うと、ハンドルの揺れ・操縦不安定・偏りのあるタイヤ摩耗・異常振動の原因となります。問題があればタイヤ販売店などで対策をします。(6)最後はタイヤチューブ保管上の注意になります。劣化や老化を防止するために直射日光を避けて保管しましょう。また雨水などが長期入ったままだとタイヤのコード切れや剥離、あるいはリムの錆発生が起こり、危険です。油や熱源・電気火花からも遠ざけましょう。

Comments are closed.