空気圧チェック編

タイヤによって大きく異なるものの、基本的にはタイヤの空気圧は一ヶ月で5%以上低下するといわれています。これは圧力理想の状態時のタイヤの場合で、指定が200kPa程度の場合であれば多いときでは10%もの圧力の低下を招きます。そのため一月に一回程度タイヤを点検して、指定されたものに調整することが望ましいです。圧力をチェックするためにはやはり専用の装備が必要になります。タイヤの圧力、ゴムはとてつもなく硬いので人の手で触って圧力を感じ取るというのはプロでも厳しいものです。
最近では空気をいれる穴に設置するバルブキャップで圧力が分かるものも出ており、例えば圧力が低下するとバルブキャップの色が変化します。安価で購入でき、チェックする際の手間もかからないので大変お勧めです。他にもガソリンスタンドなどで圧力をチェックしてくれるところもたくさんあります。どのような方法にしろ、タイヤの圧力が低下することにより燃費の低下を招き、他にもスリップ力の上昇で事故が発生しやすくなったり、最悪の場合タイヤがバーストしてしまうこともあります。
理想は月に1回程度のチェックが必要ですが、凍結した路面を走る場合や長距離のドライブ、高速道路を走る前には必ずチェックすることが望ましいです。

Comments are closed.