意外と知らない!車両の電力供給の仕組み

現在の自動車は、多くの電力を必要としますがその電力はどのように供給されているのでしょうか。家では電線を伝わって電力が今供給され、コンセントから電気を得ることが出来ますが、自動車ではどのように供給されているのでしょう。実は、自動車は自動車の中に発電機構を持っており、自分で電気を作って使っているのです。実に様々な部分で電気を必要としており、エンジンをスタートさせるためにも電気が必要、さらにガソリンを爆発させるためにも電気を用いています。加えて、カーステやカーナビ、エアコン、電灯類、最近では自動ドアも珍しくありませんから、電力供給は自動車において必須の機構であり、求められる能力も年々高まっているのが現状です。ハイブリッドカーや電気自動車ではさらに電気を必要とすることは当然ですね。その仕組みですが、エンジンの回転力を用いています。エンジンから得られる回転力は主にタイヤを回すために使われるのは当たり前のことですが、この回転力はほかのことにも使われているのです。電気を生み出すダイナモと呼ばれるパーツがあり、エンジンの回転力がこのダイナモに分配されて電気を生み出しています。生み出した電気はバッテリーに送られ、バッテリーに蓄えられています。自転車のライトと同じ構造です。ですから、エンジンが回転していない時は電力を消費しているだけの状態となりますので、どんどんバッテリーが減っていく、という事になります。

Comments are closed.