頻発しやすいバッテリートラブルとその内容

高性能なものから汎用品まで様々な種類のクルマ用バッテリーが販売されていますが、どの種類を選んでも、最も多いトラブルは上がってしまうことでしょう。つまり電池切れです。

電池切れになる主な原因をあげてみると、ヘッドライトやウィンカー、ハザードランプの消し忘れや半ドアによる室内燈がつけっぱなしの状態での長時間駐車。長期間乗らないことによる自然放電、端子のゆるみや配線不良、ベルトが緩んでいることなどによる充電装置の不具合、消費電力の大きい電装品の使用、夜間走行が多いなど、消費電力量が充電量を上回っていることによって起こります。

また、寿命も大きな原因の一つとしてあげられます。3年程度使い続けると、充電しても充電できる量が減少してきます。そのためにそれほど電気を消費していなくても、上がってしまうということはよくあることです。このようなことが起きないためにも、古くなってきたら早目の交換がオススメです。

また、もし上がってしまった場合は、クルマを動かすことができませんので、ジャフや任意保険のサービスを利用すると良いでしょう。あるいはもう一台クルマを用意して、ケーブルでつなぐ方法もあります。エンジンがかかったら、しばらくそのままエンジンをかけ続けて充電させます。

Comments are closed.