Archive for the ‘未分類’ Category

タイヤの使用期間編

車を運転する皆さんは消耗品には出来る限りお金を掛けたくないと思っていると思います。交換頻度が多い消耗品は何が思いつくでしょうか。エンジンオイルは比較的思い出すと思いますが、エンジンオイルエレメントは余り交換しないのではないでしょうか。
ガソリンスタンドで、ボンネット開けてくださいって言われる事は多いですよね。そこで言われるのが、バッテリーが電圧が下がっていて交換時期です、ワイパーが切れています、エンジンオイルが真っ黒ですよ。ほとんどがこの3点。しかしタイヤに関しては自動車屋さんでも余程でない限り言いません。もしかしたら自動車販売ディーラーでの点検に出したら言われるでしょう。その位タイヤに関しては自分で管理しない限り言われません。安い物ではないからです。タイヤの使用期間は様々です。走行距離が多い人は当然タイヤの溝が無くなり車検を通らなくなるので否応無く交換になります。しかし車を購入してから4年以上の走行距離が少ない方はほとんど気にしない方が多くみられます。タイヤの横を見てみてください。ひび割れが多くある場合交換時期です。
タイヤは走る、曲がる、止まるの3つの働きを担ってるパーツです。もし交換に4本で4万円の出費だとしても安全に止まれるなら安いものです。追突事故を起こしてしまったら、とんでもない額になるからです。車を運転するならばタイヤにも気を使ってみてください。新しいタイヤは乗り心地も良く、思ったように曲がります。勿論急ブレーキが必用なときはタイヤが頑張ってくれます。さあ、あなたも安全なカーライフを送ってみませんか。

走行中・駐車時の違和感編

車の部品の中でも最も故障しやすく、今までに故障の経験が多いのがタイヤです。タイヤは路面を走るので分厚く作られており、釘等を踏んでも刺さらなければパンクする事はありません。このタイヤは一生付け替えなくてもいいという訳ではなく、しっかりと寿命が設定されています。この寿命に近づけば近づく程にブレーキが効きづらくなったり、加速しても上手く付いていかないという事に繋がります。これは危険回避をする時の動作が遅れてしまう原因になるので、寿命に近づけばすぐに好感する事が大切です。パンクやそれに近いものがタイヤに生じた時には、その車を運転している最中であれば異変に気づく事が出来ます。走行中にパンクをすれば、どうしても違和感が生じます。空中に浮いている様な感覚になったり、重心が片方にかかったりして何かしらの違和感を感じます。そういった時は直ぐに路肩に駐車して、タイヤの点検をする事が大切です。違和感がある場合には必ずどこかに異変が生じているという事であるので、流して運転してしまえば思わぬ事故を引き起こしてしまう危険性があります。停車時においてもこういた違和感を感じる事が出来るので、違和感を感じた場合には点検してから発進する事が大切です。

応急タイヤ編

ほとんどの車には、応急タイヤといって、パンクなどのトラブルに遭ったときに対応できるようなタイヤが載っているものです。これは、高速道路をはじめとして、走行中にパンクをしたときに、自分やロードサービスなどの人に速やかに交換できるようになっているスペアのタイヤです。
こちらは、通常応急処置として交換してから、時速80kmまでの走行で、せいぜい100km程度の距離しか持たないといわれます。ですから、ずっとつけたまま走り続けることは難しいのです。見た目にも、薄くて貧弱なタイヤであるので、他の人からもはっきりとわかります。あくまでも応急のタイヤだということを理解しておきましょう。
また、最近ではスペアタイヤを載せていない車もあります。これはどういうことかというと、ランフラットタイヤをはいている車だからです。ランフラットとは、もしもパンクしても、100km程度は安全走行を続けることが出来るというタイヤで、高速走行も可能です。タイヤメーカーで出しているのですが、大体普通のタイヤの1.5倍の価格になるので、割高です。しかし、性能の良さにそれを使い続ける人もいるのです。
このように、タイヤがパンクした時には、通常はスペアで対応していきます。

残り溝・傷・偏摩耗チェック編

自動車の走行を支える部品としてのタイヤは、適性使用・適性管理によって初めて機能が発揮できます。一方不適正な場合はタイヤ自身の機能が低下する他、種々の損傷を起こす原因にもなります。そのため必ず日常点検・整備を行いたいものです。注目すべき点はいくつかありますので、順に見ていきます。

(1)まず空気圧チェックが必要です。空気圧は徐々に自然低下するからです。(2)次に残り溝1.6ミリ未満のタイヤは使用できません。「道路運送車両の保安基準」によれば滑り止めの要件が残り1.6ミリと規定されるからです。基準未満は整備不良とみなされます。(3)金属片やガラスなどで傷を受けたタイヤは走行中に破裂しやすいです。溝に異物がかみ込んでいないかを確認、何かあれば適切に取り除くことが必要です。(4)タイヤが偏って摩耗する、すなわち偏摩耗は、異常振動・タイヤ音増大・タイヤ寿命低下などのお現象を起こします。タイヤは駆動輪・遊輪・操舵輪等装着位置によって受ける力が異なりますので、偏りのある摩耗の兆候が見えたら位置交換しましょう。(5)そしてホイールバランスの調整です。このバランスが狂うと、ハンドルの揺れ・操縦不安定・偏りのあるタイヤ摩耗・異常振動の原因となります。問題があればタイヤ販売店などで対策をします。(6)最後はタイヤチューブ保管上の注意になります。劣化や老化を防止するために直射日光を避けて保管しましょう。また雨水などが長期入ったままだとタイヤのコード切れや剥離、あるいはリムの錆発生が起こり、危険です。油や熱源・電気火花からも遠ざけましょう。

空気圧チェック編

タイヤによって大きく異なるものの、基本的にはタイヤの空気圧は一ヶ月で5%以上低下するといわれています。これは圧力理想の状態時のタイヤの場合で、指定が200kPa程度の場合であれば多いときでは10%もの圧力の低下を招きます。そのため一月に一回程度タイヤを点検して、指定されたものに調整することが望ましいです。圧力をチェックするためにはやはり専用の装備が必要になります。タイヤの圧力、ゴムはとてつもなく硬いので人の手で触って圧力を感じ取るというのはプロでも厳しいものです。
最近では空気をいれる穴に設置するバルブキャップで圧力が分かるものも出ており、例えば圧力が低下するとバルブキャップの色が変化します。安価で購入でき、チェックする際の手間もかからないので大変お勧めです。他にもガソリンスタンドなどで圧力をチェックしてくれるところもたくさんあります。どのような方法にしろ、タイヤの圧力が低下することにより燃費の低下を招き、他にもスリップ力の上昇で事故が発生しやすくなったり、最悪の場合タイヤがバーストしてしまうこともあります。
理想は月に1回程度のチェックが必要ですが、凍結した路面を走る場合や長距離のドライブ、高速道路を走る前には必ずチェックすることが望ましいです。

知っておいて損はない!タイヤトラブルを予防する5つのチェックポイント

自動車は非常に高度に発達した乗り物です。常に時代の最先端テクノロジーが搭載され、時代とともにその安全性も向上してきました。しかし、最も大切なトラブル防止はタイヤに関することであることは意外と知られていません。

当然自動車はタイヤがなければ走行できません。また、タイヤが全てのパーツを支えているとも言えます。つまり、タイヤのトラブルは、即重大事項に繋がるリスクを含んでいると言えるのです。

タイヤトラブルを予防する5つのチェックポイントを認識し、実践することを心がけましょう。

1つ目のポイントは空気圧です。自転車などでも同様ですが適切な空気圧が保たれていなければ、走行性能はもちろんのこと、安定性も非常に悪くなり事故の危険性が高くなります。GSなどで無料で調整していただけますので空気圧はこまめにチェックしましょう。

2つ目は編摩耗です。上記の空気圧と深く関係しますが、偏ったタイヤの摩耗は安全性だけではなく経済性にもマイナスの効果を及ぼします。

3つ目は外傷です。何かの破片を拾った時などにタイヤに傷がつくことがあります。これを放置しておくと急なバーストに見舞われるリスクが高くなり非常に危険です。

4つ目は溝の確認です。溝が浅くなると性能が極端に低下するだけでなく、雨の日のスリップの原因になります。

5つ目はホイールナットの緩みです。新品で購入しても時間経過とともに緩んでくるケースがあります。脱輪などの危険性が高くなります。

GSや専門店などでチェックしてもらえますが、自分の目で普段から確認する習慣が大切です。

車両の発電容量と消費電力の関係について

車にはエンジン始動したり、エアコンをつけたり、ランプなどの照明を点けたりする為にバッテリーや発電機が搭載されています。
現代社会でよく使われている車は内燃機関だけでなく、各部をコンピューター制御することが多くなっているので、ますます電気が欠かせなくなっています。
車両の発電容量は車の規模で変わってきます。
軽自動車は小型車や中型車に比べて低めであり、大型車やワンボックス車は小型車や中型車に比べて高めに設定されています。
車の装備品が使う消費電力を比較すると、エアコンが最も電力を消費します。
夏場においてエアコンは快適に車を走行させる上で欠かせない物ですが、電力の消費が大きい為、特に発電の容量の少ない軽自動車はヘッドライトなどの照明にLEDを利用したり、カーステレオの音量を下げるなどの工夫をしておくと、バッテリーの減りを抑えることが出来ます。
エアコンの次に電力の消費が高いのがリアデフォッガーです。
リアデフォッガーは電熱線でガラスの結露や凍結を取り除く装置である為、電熱線を熱するのに電力が必要になります。
悪天候の中を安全に車を走行させる上で、リアデフォッガーは不可欠な物である為、電力消費を抑えるのに取り外すことは出来ません。
他の機器の消費電力を確認して、車のバッテリーや発電機の容量に合ったオプションを選択するようにするべきです。

意外と知らない!車両の電力供給の仕組み

現在の自動車は、多くの電力を必要としますがその電力はどのように供給されているのでしょうか。家では電線を伝わって電力が今供給され、コンセントから電気を得ることが出来ますが、自動車ではどのように供給されているのでしょう。実は、自動車は自動車の中に発電機構を持っており、自分で電気を作って使っているのです。実に様々な部分で電気を必要としており、エンジンをスタートさせるためにも電気が必要、さらにガソリンを爆発させるためにも電気を用いています。加えて、カーステやカーナビ、エアコン、電灯類、最近では自動ドアも珍しくありませんから、電力供給は自動車において必須の機構であり、求められる能力も年々高まっているのが現状です。ハイブリッドカーや電気自動車ではさらに電気を必要とすることは当然ですね。その仕組みですが、エンジンの回転力を用いています。エンジンから得られる回転力は主にタイヤを回すために使われるのは当たり前のことですが、この回転力はほかのことにも使われているのです。電気を生み出すダイナモと呼ばれるパーツがあり、エンジンの回転力がこのダイナモに分配されて電気を生み出しています。生み出した電気はバッテリーに送られ、バッテリーに蓄えられています。自転車のライトと同じ構造です。ですから、エンジンが回転していない時は電力を消費しているだけの状態となりますので、どんどんバッテリーが減っていく、という事になります。

頻発しやすいバッテリートラブルとその内容

高性能なものから汎用品まで様々な種類のクルマ用バッテリーが販売されていますが、どの種類を選んでも、最も多いトラブルは上がってしまうことでしょう。つまり電池切れです。

電池切れになる主な原因をあげてみると、ヘッドライトやウィンカー、ハザードランプの消し忘れや半ドアによる室内燈がつけっぱなしの状態での長時間駐車。長期間乗らないことによる自然放電、端子のゆるみや配線不良、ベルトが緩んでいることなどによる充電装置の不具合、消費電力の大きい電装品の使用、夜間走行が多いなど、消費電力量が充電量を上回っていることによって起こります。

また、寿命も大きな原因の一つとしてあげられます。3年程度使い続けると、充電しても充電できる量が減少してきます。そのためにそれほど電気を消費していなくても、上がってしまうということはよくあることです。このようなことが起きないためにも、古くなってきたら早目の交換がオススメです。

また、もし上がってしまった場合は、クルマを動かすことができませんので、ジャフや任意保険のサービスを利用すると良いでしょう。あるいはもう一台クルマを用意して、ケーブルでつなぐ方法もあります。エンジンがかかったら、しばらくそのままエンジンをかけ続けて充電させます。